バスパージェネリックと一緒に取り入れたい良い睡眠習慣

眠そうな女性バスパージェネリックを服用すると不安感や緊張感が和らぎ、自然を眠れるようになります。

非常に心強い存在ではあるものの、薬に頼りすぎるのはよくありません。

また、バスパージェネリックは依存性が低いものの、長期的に服用していると依存しやすくなるので、そうならないためにも、良い睡眠習慣に改善していきましょう。

睡眠習慣を改善することで、薬に頼らなくても自然と眠れるようになります。

ここでは、朝・昼・夜と時間帯別で積極的に取り入れていきたい睡眠習慣をご紹介していきます。

 

良い睡眠習慣~朝編~

毎日同じ時刻に起床

規則正しい生活は快眠に大きな影響を与えます。

寝付きが良くなかった、まだ寝たいという場合も同じ時刻に起きるようにしてください。

毎日同じ時刻に起床するクセをつけると自然と寝付きが良くなり、睡眠の質が良くなっていきます。

 

朝日を浴びる

朝日を浴びることで体内時計はリセットされます。

体が朝は起きなければいけないと思い、脳も覚醒されてスッキリしてきます。

そのため、寝るときは遮光カーテンを閉めていても必ず朝起きたらカーテンを開けるように心がけましょう。(曇りや雨でも)

 

朝食をしっかり食べる

朝食を食べることでも体内時計は整います。

他にも朝食を食べることで血行改善や脳・内臓の活性化にもなりますので、時間がなくても必ず朝食を摂りましょう。

軽めのものでも問題ありませんが、なるべく硬いものを食べると脳に刺激が届きやすくなります。

 

良い睡眠習慣~昼編~

適度に体を動かす

運動がてら外出した女性日中体を動かすことで生活リズムにハリが生まれ、体も適度に疲労するので夜に自然な睡眠を促します。

夜の激しい運動は脳が興奮状態になるのでNGですが、日中であれば問題ありません。

運動は得意ではないという方でも散歩程度で良いので体を動かすように心がけると良いでしょう。

 

昼寝をするなら20分以内に

昼食後の14~16時は、体内時計のリズムによって眠気を感じやすいです。どうしても眠気が我慢出来ない場合には昼寝をしましょう。

ただし、昼寝は夜の就寝に影響が出ない20分以内に抑えましょう。

 

常に明るい場所にいる

暗い場所にいると体が夜と勘違いして眠たくなってしまいます。

昼寝防止と正しい体内時計を保つためにも、日中はなるべく明るい環境で過ごすようにしましょう。

 

良い睡眠習慣~夜編~

夕食は早めに済ませる

質の良い睡眠のためには、就寝3時間前までには食事を終えているようにしましょう。

食後すぐに就寝すると内臓の休息時間が短くなり、体に負担がかかります。

また、睡眠の質低下や疲労蓄積を招きます。

 

お酒は控える

寝酒は睡眠の質を低下させる原因になります。

完全にお酒はNGというわけではありませんが、覚醒作用や利尿作用があるので就寝4時間前には晩酌を終えておくのが理想です。

また、眠れないからといって飲酒する習慣が身についてしまえばアルコール依存症になる恐れがあります。

 

入浴は温めのお湯で

入浴することで体が温まり、良い睡眠へ導いてくれます。

しかし、お湯が熱いと交感神経が刺激されてしまって逆効果になります。

38~40度の温めのお湯で副交感神経を刺激し、体をじっくりと温めましょう。

そうすることで心身ともに緊張が和らぎ、リラックス効果が得られます。

時間がなくて入浴する時間がないときは、シャワー+足湯で血行を促進させましょう。

 

温かい飲み物でリラックス

リラックスする人温かい飲み物を飲むことで内臓が温まり、体温も上昇します。

眠気は体温が下がると同時に生じますので、眠気を誘うために寝る前に温かい飲み物を飲むことは効果的です。

ただし、飲み物でも覚醒作用のあるカフェインを含むものや利尿作用のあるアルコールを含むものは睡眠の妨げになるのでNGです。

 

寝室の環境を整えよう

寝室の環境は睡眠の質に直結します。

寝室の環境が良ければ体の疲れが取れますし、睡眠が深くなります。

肌触りがよく体に合った寝具、ちょうどいい室温・湿度、静かな空間…環境を整えるだけでいつもより速やかに眠れますので工夫すると良いでしょう。

 

就寝前のリラックスタイムを

良い眠りのためには就寝前の時間が重要です。

スマートフォンやテレビの明かりは脳を覚醒させてしまうため就寝1時間前には見ないようにして、リラックス効果のある音楽、読書、マッサージ、ストレッチなどすると良いでしょう。

また、香りによっても心が落ち着くのでアロマがおすすめです。

 

まとめ

睡眠の質を高めることは一見難しそうですが、実はそんなに難しいことではありません。

バスパージェネリックは素晴らしい薬ですが、睡眠薬はあくまで快眠をサポートしてくれる存在です。

薬があるから何もしなくても良いと思わず、薬がなくても眠れるように努力していきましょう。

今回挙げた項目は今日からでも実践できることですし、お金もかからないことばかりなのでぜひとも自分の生活を見直して改善しましょう。

 

バスパーの通販なら

バスパージェネリックのパッケージ睡眠薬として、今では非常に多くの人に利用されるようになっているバスパージェネリック

ジェネリック医薬品だからこそ、金銭的な負担を抑えることができるのでバスパーを普段使いしているけど、費用的な負担が大きくて困っている。

そうした人におすすめの睡眠薬になっています。

バスパージェネリックの購入はこちら