バスパージェネリック通販とデパスの違い

10月 31, 2019

\90秒で注文完了/バスパージェネリックの購入はこちら
眠そうな女性 不眠症になってしまうと、病気に対する免疫力の低下や食欲減退など体調にダイレクトに問題が現れるだけではなく、精神面にもさまざまな被害が生じます。

精神面に影響が出ると、治療に対しても消極的になってしまう恐れがあります。そのままでは、一向に不眠症は改善されません。

不眠症かもしれないと思ったら、本格的に体調を崩す前に治療を受けたり、環境を変えて睡眠の質の改善を目指しましょう。

不眠症の治療にはいろんな方法が見られますが、医薬現場で多く使われているのが睡眠薬の処方です。

そんな睡眠薬の1つであるバスパージェネリックは、ただ眠気を強くするという効能ではなく、精神の状態を安定させてくれる医薬品です。バスパージェネリックは通販で購入できるので、病院になかなか行けないという人でも使いやすいというメリットがあります。

ところで、バスパージェネリックについて検索してみると一緒に『デパス』という名前がヒットすることがよくあります。

実は、デパスというのもバスパージェネリックと同じ睡眠薬の一種です。

バスパージェネリックとデパス、どちらの方が不眠症におすすめなのでしょうか。

それぞれの特徴を比較してみました。

通販で買えるバスパージェネリックとデパスの違いはここにある

通販を使った女性バスパージェネリックは「デパスの代わりに活躍する睡眠薬」としておすすめされていることがあります。デパスの代わりとはどういうことなのか、特徴から読み取ってみましょう。

バスパージェネリックの特徴

バスパージェネリックは、有効成分にブスピロンを配合した睡眠薬です。シンガポールの製薬会社Deva Holdings社で開発されました。

名前の通り、バスパーという新薬のジェネリック医薬品にあたります。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を含み、同じ効能を持つように作られた医薬品です。そのため、ジェネリックといっても新薬のバスパーに劣らない効能を持った医薬品となっています。

バスパージェネリックの効能は、神経伝達物質のセロトニン濃度を上げるものです。

セロトニンは精神の安定、リラックス状態、また不安を抑制するという役割を持っています。さらに、昼間にセロトニンとして活動していた物質を元に、夜にはメラトニンという睡眠物質が作られます。

セロトニンの濃度が下がると精神が不安定になり、落ち込んだり不安感にさいなまれることが増えます。さらにメラトニンが減少する問題にもつながりやすく、不眠症を引き起こす可能性が高まるのです。

バスパージェネリックの効能でセロトニン濃度が上がれば、心と身体のリラックス状態が作られやすくなり、メラトニンの増加にも期待が寄せられます。結果として、自然な睡眠時間を確保しやすくなっていきます。

抗うつ薬としても効果あり

通販を使っている人バスパージェネリックの効果が発揮されるのは、睡眠薬としてだけではありません。

セロトニン濃度を高めるのは、うつ病の治療においても大きな効果です。

バスパージェネリックは睡眠薬と抗うつ薬、どちらの効能も持ち合わせていることになります。

睡眠薬や抗うつ薬には依存性が強いというイメージを持つ人が未だに多く見られますが、バスパージェネリックは依存性の弱い成分を選んで作られています。用法用量を守っていれば、依存の心配も少ない安全な薬です。

購入方法は通販のみ

新薬のバスパーは、日本国内では未承認の睡眠薬でした。同じく、バスパージェネリックも未承認になっています。

そのため、バスパージェネリックを購入したい時は通販一択です。

病院に行かなくても購入できるほか、ジェネリックなので普通の睡眠薬より安く済むという点があります。

デパスの特徴

デパスは、有効成分としてエチゾラムを含んでいます。日本の製薬会社、田辺三菱製薬会社から開発されました。

デパスの効能は、脳と体にリラックス効果を与えるものです。

精神の不安定さや不安を和らげて、筋肉の緊張状態を緩めます。

脳と体がリラックスした状態のまま、自然な睡眠に就くことができます。

抗うつ薬としても効果あり

脳と体の緊張をほぐす効能から、睡眠薬の他に抗うつ薬としても処方されています。

デパスも依存しにくい医薬品として作られたものなので依存性のリスクは低めです。

用法用量を守れば、安全な睡眠薬として使うことができます。

購入するなら病院で

デパスは国内で承認されているので、病院でも処方してもらうことが可能です。さらに、以前は通販からも購入可能な医薬品でした。

しかし政令が改定されたことで、デパスの有効成分エチゾラムが輸入禁止の対象になったため、今後はデパスもろとも通販での取り扱いが禁止とされました。

そのため、デパスを購入するなら病院に行って処方を受けることになります。

病院に行かなければならないデメリットはありますが、医師から正確な説明を受けられるのでより安心して使えます。

通販で買えるバスパージェネリックとデパス・まとめ

バスパージェネリックのパッケージバスパージェネリックとデパスは、どちらも睡眠薬と抗うつ薬2つの病気に通用する効能を持っています。

しかしデパスが通販から消えた今、これまでデパスを使っていた人たちにとって、代わりの薬に選ばれやすいのがバスパージェネリックです。

長年デパスを使っていた人でも、バスパージェネリックなら同じ効果を期待していいかもしれません。

バスパージェネリックの購入はこちら